狭小住宅地でのコツ

キッチンやトイレやお風呂や洗面など水回りを考えて、キッチン作業スペースしっかりとれなくて不便、これは狭小住宅に住む人から民にする失敗談ですが、理想的キッチンは広いシンクはもちろん作業したり一時的にフライパン置いたりする作業スペースが必要となります。家建てる時の代表的要望の1つがキッチン収納不足解消すが、物理的面積へると収納に充てるスペースが減ってくるのもとぅぜんです。そして、1つ目の作業スペース確保は難題ですがまず考えておきたいのは可動式作業台の活用で、家具店はいろんな作業台売られていて、じっくり探しましょう。っですが、作業台選びより大事なことがあります。可動式作業台は使う時は助かりますが、問題は使わない時の置き場所確保です。狭いキッチンですから、作業台の置き場がないと狭いキッチンスペースに置かなくてはならなくて、邪魔です。これがストレスとなり悩み増大させてしまいます。具体的対応として設計依頼する住宅会社の設計士にキッチン狭くなり、可動式作業台を使いたい。だがそれをつかわないときうまく収納できるスペース設計してもらいたいと伝えて下さい。そして不特定多数のお客に料理提供する必要があるプロ料理人にキッチン活用法を学んでください。町にあるカウンターだけの小さい洋食店をイメージしましょう。狭いスペースを効率よく使うのに調理に使う器具を壁にかけているケースが多いです。狭小住宅を建てる予定なら、町中でこうした店を見つけてじっくり考えることです。そして、床に目を落として下さい。一戸建てキッチンは床下収納が1か所設置されるケースが多くて、ローコスト住宅では床下収納ないケースもありますが、注文住宅の建築時スペースさえあれば最大2か所ほど設置可能です。そして日本酒など一升瓶の大きさに困ってないでしょうか?キッチン収納に入れることが多いですが、場所を取り、困ります。ですが、床下収納を作ってみると問題解決します。一般的に床下収納の高さは一升瓶がちょうど収まる高さであり、スッキリと収納できます。そして、壁利用で狭小住宅のキッチン問題解決の方法を紹介したのですが、建築する時、各部屋は狭くなるのは残念です。これが寝室なら寝るだけだからと割り切れますが、動きやすさや十分な収納力が必要で、毎日使うのを考えて狭小住宅でもあきらめるわけにいかないです。