屋根について

建築物の間取りから大きさを知ることで、断熱材の費用がいくらくらいかかるかを知ることが出来ます。通常、間取りとは、建築物を縮尺した物を指し、模型などで造ったものを指します。これは屋根の広さを計算することも可能で屋根に使用する断熱材の料などを計算し、いくら位お金がかかるかと言うことを知ることが出来ます。なお断熱材に掛かるお金ですが1平方メートルから何千円と言う形になり、素材により異なります。例えば、発泡スチロールであればお金をかけることなく屋根の断熱材として使用できおおよそ1平方メートル当たりで1000円程度で断熱材として使用できます。ここにプラスする形で建築物の屋根への断熱材を組み込む工事をプラスして屋根を造り上げる価格を計算します。なお屋根自体の工事費用は間取りから屋根の広さを計算し、断熱材の使用料塗装工事費用で算出されますが、走行時費用は一定であることが多いです。つまり、断熱材の材料費は間取りで屋根が広ければ広いほどたくさん使うので材料費は高騰しますが、工事費は一定であるということです。次に工事費用についてですが、これは断熱材の素材が変化することで工事費用が上がります。工事費用が上がる要因ですが、扱う断熱材が扱いにくいものほど工事費用が増加します。例えば、天然繊維であれば、断熱材として屋根に敷き詰めにくいが故工事費用が高くなりますが、発泡スチロールのような加工しやすいものは逆に工事費用が安くなり、材料費も安くなるのです。材料費が安くなると工事費用が安くなるのかについてですが、工事費用も比例して安くなりますが、塗料などに関しては、断熱材として使用する場合、材料費が安い塗料でも工事費用は安くならないことがあります。その理由ですが、職人さんが塗りやすく扱いやすい塗料であるかどうかが重要で、いくら安い断熱塗料でも扱いにくい場合、手間がかかるため工賃は高くなり、塗料台を回収する形で工事費用が掛かることもあります。ですので、塗料関連は、安い断熱塗料であるからと言って工事費用も安くなるかと言われるとそのようなことは無いと言ってよいです。繊維系の断熱材は加工がしやすいものは安いので安い物=加工がしやすいので手間がかからないため工賃が安い素材であると考えるとよいでしょう。ただ、材料費が高騰するということもありますので、以前は安かった断熱材が急に高くなり、材料費が掛かり結局、屋根の断熱材の組み込みにお金をかけてしまったということもありますので必ずしも、何時までも安い材料が安いかどうかは分からないのです。そうなると、間取を変更して建築物を小さくするという手法で屋根の断熱材費用を抑えるという手法を考える必要も生まれます。