快適な建築のために

夏は涼しく、冬は暖かい家を作るためには、間取り、屋根、断熱材などを考慮する必要があります。より優れた素材などを使用するとお金ががかかるので、いくらまでなら建築にお金をかけられるのかも考えておきましょう。

まずは間取りです。

吹き抜けを建築に取り入れることでおしゃれな雰囲気になります。風通しがよくなるので夏は涼しいです。しかし、暖かい空気が上に逃げてしまうので、冬は寒く感じてしまいます。

吹き抜けによる寒さ対策の方法としては、断熱カーテンを取り付ける、シーリングファンを回す、などの方法があります。これらは自分で行うことが難しいので、建築業者に依頼をするとよいでしょう。

1階部分をすべてリビングにするという間取りもあります。この場合、壁など遮るものがないので部屋全体が明るくなります。そして、家族が集まりやすいです。しかし、広い部屋は暖房効率が悪くなるので、こういったことを考えて間取りを決めてみてください。シーリングファンを回すことで暖房効率をよくすることもできます。

屋根には家の温度を調節する働きがあります。屋根には直射日光が当たるため、夏場には高温になります。熱がそのまま家の中にまで伝われば、家の中も温度が高くなってしまいます。寒く雪が降る地域なら、屋根に降り積もった雪によって室内の温度が低下をします。

そのため、屋根は断熱性を高めることが必要です。

屋根に使用される断熱材には、グラスウール、ロックウール、硬質ウレタンフォームなどがあります。

しかし、断熱材を増やせない構造の建築や、断熱材を増やしても断熱性が向上しない建築があります。

熱がこもらないようにするためには、通気性も大切です。昔の家は瓦屋根が多く、波型の構造になっている瓦によって通気性が確保できていました。しかし、現在は瓦以外の屋根も登場していて、そういった場合は通気性をよくするために工法に工夫が必要です。いくつかの後方があるので建築会社と相談をしてみてください。

壁の断熱材も忘れてはなりません。壁に使われる断熱材には、グラスウールなどの線維系や、硬質ウレタンフォーム・ウレタンフォームなどの発泡プラスチック系があります。それぞれ断熱性やかかるお金が違うので、効果や費用を考慮して選んでみてください。

このように、快適な家を作るためには考えることがいくつもあります。どんな家に住みたいのか、どれくらいまでお金をかけることができるのか、そういったことを考えながら家を作っていきましょう。