キッチン・トイレ・お風呂・洗面・水回り

2世帯住宅を建てるときは、水回り(キッチン・トイレ・洗面・お風呂)を、お痩せたいと分けることが大事です。私も経験があるのですが、高齢の親と小さい子どもがいる世帯では生活様式がかわります。

食事を毎日一緒にしようと思うと、主婦にとってはとても負担になります。子どもたちがスポーツを始めると、ボリュームがある食事が中心になるんです。そのときに、ヘルシーな食事を食べたい親とでは完全に違ってきます。

お風呂の時間も若い人は、夜遅くなりがちでそのときには親は寝ていたいという希望があります。キッチンが同じスペースだと、夜遅く帰ってきてちょっと食べたくTも遠慮しないといけません。洗面スペースでは、メイクをじっくりしたいという女性もいるでしょう。水回りはわけたほうが、お互いストレスがたまりません。家族が増えれば、トイレはひとつでは不便です。

しかし水回り(キッチン・トイレ・お風呂・洗面)をわけると、費用も高くなります。2世帯住宅のトラブルは、お金のことが一番多いです。土地が親のものなら、子供の世帯がある程度建物部分を分担するというケースもあります。

2世帯でも、女性にとって実の親ならいろいろと意見をしやすいですが夫の両親なら言いにくいこともあるでしょう。2世帯で夫の両親と住むのは、お互いに気を使う必要があります。できるだけ独立タイプの2世帯を建てて、プライベートは口出ししないというルールが必要です。

お金のことでトラブルにならないように、食費や光熱費の負担をどうするかを話しておく必要があります。若い世帯に金銭的な負担がかかるようでは、長続きしません。となり同士に1件建てるくらいの感覚で、ちょうどいいと言えます。2世帯はいざというときに売りに出すことも難しいです。

メリットもたくさんあり、女性が働き続けるのに子育てを協力してもらうのは助かります。保育園や学童のお迎えの協力がなければ、きっと仕事は続かないでしょう。予算がない場合も、どのように使うかを決めておかないと心地わるくなるでしょう。

設計について、不動産会社に相談が可能です。最新設備を取り入れることで、家事の負担がぐっと楽になりますよ。最新家電を買うことにより、家事が時短になります。親子でいい関係を作るのにも、最初の設計段階でお互いが、納得することが大事です。遠慮しないで、夫婦でいろいろなことを話し合うチャンスでもあります。男性の女性にすべて任せるだけでなく、積極的に関わりましょう。