自慢の家は新築注文住宅です。

新築注文住宅の家を建てて、念願だったマイホームを手に入れました。新築注文住宅の家を建てて、マイホームに住めるまでには、様々な工程がありました。

まず、どんな家にするのか?新築注文住宅なのか、中古物件なのか、それとも建て売り住宅なのか、選択肢は様々でしたが、私のかつてからの希望も大きくて、新築注文住宅のマイホームを選びました。

夫や子供たちの通勤通学を吟味した土地探しから始り、工務店さんを決定して、ローンのことなども全てクリアしました。

私は自分のマイホームは庭や駐車場、門扉や玄関に続くアプローチまで妥協はしたくなかったので、それらは付帯工事となるので、それらの予算の事についても工務店さんと充分に相談をした上で、決定していきました。

後から門扉や駐車場の工事をするのは嫌だったので、同時進行で付帯工事もしてもらい、新築注文住宅が完成した時には門扉や駐車場も完成して、快適に生活を営むことができました。家を建てるにあたりトータル計算する事が大切だと思いました。