木造の新築注文住宅の家

家を建てるならば、マイホームを持つとしたら、断然、新築注文住宅の木造りの家が良いと常々思っておりました。

その理由の一つとしては、私の祖父母の家が木造りの注文住宅だったので、幼少期から、とても良いお家だなと思っていたのです。そこからは、将来、マイホームを持つならば、祖父母のような木造りのマイホームを建てると思ってきました。

長年、マンション生活をしてきましたが、当時はコンクリート物件に住んでいたので、湿気にも悩まされていました。そんな理由もあり、新築注文住宅の家ならば、家の向きも位置から設計できて、湿気を吸ってくれる木の家が良いと思ってきました。

実際に新築注文住宅の家を建ててからは、マンション暮らしの時のような湿気問題もなくなり、とても健康的に生活ができていると感じています。

また、木の家は手入れをすれば、長く住み続けられるので、今後も家のケアをしつつ、大切にマイホームを守っていく所存です。やはり、自分の家は良いものです。