購入時の住宅ローンの注意点

新築の注文住宅をマイホームとして建てる時には、色々と夢が膨らみ、ついつい予算が膨らみがちとなります。せっかく建てた家が住宅ローンの支払いに行き詰り、手放さねばならないと言った事にならない様に、住宅ローンを組む際には、色々と注意するポイントがあります。

まずは、返済計画でボーナス月に多くを返すと言う方法は避けるべきです。ボーナスは企業の業績によって支給されるもので、不調に陥るとボーナスが出ない事もある事もあるからです。

また月々の返済金額を下げるために、最長の35年ローンを組まれる事が一般的ですが、35歳で新築の家を建てれば、その完済は70歳になってしまいます。

60歳定年後も定年延長で働き続ける事が出来ても、収入は大幅にダウンするのが普通です。また働かずに、年金生活を考えるなら、なおさら収入は大幅ダウンします。

従って、契約は35年ローンで組んでも、60歳前後で繰り上げ返済で完済できるだけの貯蓄に励む事が大切です。

また戸建住宅のマイホームは家のメンテナンスを自助努力で準備する必要があり、できれば毎月1万円程度は引き当てを取っておきたいものです。

こうした事を考えると、注文住宅をマイホームを建てる時には、夢の部分にのみ気を取られて、余裕のない住宅ローンを組む事は絶対避けるべきなのです。

新築で注文住宅を建てる時から、30年先を見通し、地に足の着いたローン返済計画を組むべきと言えます。